株式会社カナオリ特販課遮熱・断熱塗料のトリプルコート

カナオリweb お問い合わせ

TEL:046-227-1010
受付時間/9:30〜18:00(平日のみ)

そもそも外装塗装は
なぜ必要なのか?

外壁塗装の最大の目的は、
外観をよく見せるためではなく、
家の基礎を守る「防水」のためなのです。

「家を新築で購入してもう10年かぁ」
「ウチは中古住宅を買ったけど」という皆さん!

家のメンテナンスのことは気にされていますか。
「キッチンやお風呂場をリフォームしたい....。」
「和室を無くして広いリビングルームがいいかな...。」
「トイレを最新のものにしたい」など
お考えの方は多くいらっしゃると思います。

実は理想的な室内のリフォームの前に、
外側のメンテナンスを是非気にしてみて頂きたいのです。

それは「外壁塗装」です

「えっ?」「塗装?」「塗る必要なんかあるの?」
「だって、自分の車を10年乗っていても、ボディを塗り直す人ってほぼ、いないじゃない。」
「だから家だって屋根が壊れたり、ガラスが割れたとかしなければ塗装をやり直す必要はないんじゃないの?」

確かにそんな風に考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは大きな間違いなのです!

皆様が購入された大事なマイホームで長い期間快適に過ごして頂くために、
意外に知っているつもりで知らない情報をお伝えさせて頂きます。

まず第一に先ほども最初に触れた様に...、
「外壁塗装の必要性を誤解している方が多い」

「塗る必要があるの?」という方の質問には、間違いなく「Yes!」
絶対に欠かすことのできないものと言い切れます。

じゃあ、そもそも「外壁塗装」は何のために行わなければいけないのかと言うと、
外壁塗装の最大の目的は、外観をよく見せるためではなく、家の基礎を守る「防水」のためなのです。

実は、昔からドラマなどで「雨漏り」のイメージとしてバケツを家の中に置いて居るコミカルなシーンが登場しますが、室内に雨が入ってくると言うことはすでに「末期症状」です。

木造建築の場合、柱や壁に当然木材が使用されていますが、もし雨水で家の内部の木材が濡れた場合に問題が発生します。
すぐ乾けば問題ないのですが、湿気のある状態が続いた場合に木材の大敵である「木材腐朽菌」という菌が発生してしまいます。
雨水などが日々吸収されていくと、菌の増殖が激しくなり、木材は急速に腐っていきます。

※木材腐朽菌(もくざいふきゅうきん)とは、木材を腐朽(腐食による劣化)させる腐生菌のうち、特に、木材に含まれる難分解性のリグニン、セルロース、ヘミセルロースを分解する能力を持つもの

木材の例を述べましたが、鉄であっても例外ではありません。
水に濡れない環境であれば数十年は持ちますが、水に濡れるとサビて劣化していくのです。断熱材も腐ってしまいます。

「でも、雨漏りするのは屋根からだけでしょ?」

そして大事なポイントは、家の雨漏りは屋根からだけじゃないんです。
「外壁からも雨漏りするんです」

外壁からの雨漏りの場合は、天井からの雨漏りとは異なり、じわじわとしみこむように水が出てくるので、気が付かないこともあるんです。

まとめますと、元々「外壁塗料」の役割は 雨、雪、風、気温の変化、太陽の紫外線などから家を外側から守るために塗られています。
もちろん塗料も消耗しますので剥がれたり、ひび割れることも長い年月の中で出てきます。ですから、どこかで「塗り替え」をしてあげることが重要なのです。

大げさには言いたくないのですが、もし全く「外壁塗装」をしないとどうなるか。

先ほどもご説明しましたが、家の内部に水が入ると柱や壁が菌の影響で腐ったり、カビが発生して、家の構造に影響を与え、柱や梁に被害が及ぶと、耐震・耐久性が弱くなる可能性もあります。

結局、そこまでダメージが出てくると修繕するのに大変な金額がかかったり、修理できないままだと持ち家としての資産価値も下がってしましまいます。

大事な資産を守るため、外壁塗装が重要なのです。

※表記の数値は天候・条件により異なることがあります。